スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬景色の中、牧ノ戸より御池へと歩く(12月25日)

第1級のクリスマス寒波がやってきて北日本は大荒れだそうだ。
九州でも山間部は積雪するという。
そこで、雪景色の中、今年最後の山行を楽しもうと考えた。

牧ノ戸に到着し、念のためアイゼンをつけ、7時過ぎに入山。
薄く積もった雪を踏みしめながらゆっくり登る。
沓掛の岩場を慎重に下り、淡々と歩いていく。
雪の深さは5㎝ほど。これで青空であればいうことなしだが、仕方がない。

深いガスのため、西千里浜でも星生山や久住山の気配すら見えない。
とりあえず久住山避難小屋で小休憩。中では3人の男性が食事の準備中だった。
小屋を出て御池に向かう。極寒の御池の上を歩き、池の小屋へ。
意外にもだれもいない。すぐに昼食の準備にとりかかる。
昼食後、小屋にいる単独登山の男性と話す。先週もこんなガスだったが、
待っているうちに一気に晴れたそうだ。

まだ粘るというその方と別れ、下山。
晴れれば星生山か扇ケ鼻に登るのだが、一向に晴れる気配はない。
登ってくるグループの方々に挨拶しながら牧ノ戸へと下る。

久住高原で振り返ると、九重連山の上空には青空が広がっていた。

7:15牧ノ戸→7:35沓掛展望台→8:35扇ケ鼻分岐→9:00久住山避難小屋→9:15久住分かれ
→9:35御池→9:45~11:05池の小屋(昼食)→11:10御池→11:20久住分かれ
→11:55扇ケ鼻分岐→12:40沓掛展望台→12:55牧ノ戸


続きを読む

スポンサーサイト

パソコンが非常事態で・・・

昨日(12月25日)、牧ノ戸から御池まで山行したのだが、自宅のパソコンがしばらく前から調子が悪く、山行記録をUPすることができない。とりあえずこのBlogにUPしようと思うのだが時間がかかりそう。明日(12月27日)にはUPできるかな・・・。しばらくお待ちください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。