スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーソフトのインストールには気をつけましょう

2014-03-01菜の花
佐伯市で見つけた菜の花(2014年3月1日)

インフルエンザで出勤できない日々を利用してOSをwindows7に更新し、いくつかのソフトも購入しました。
ここまでは順調でしたが、山行後のHP更新で困ったことが・・・。
画像処理ソフトを使おうと思い、あるソフトの30日試用版をダウンロードしました。
こんなソフトには付属のソフトがくっついてくるので、インストール時には注意深くチェックしたつもりでしたが、
山行後の疲れと焼酎の酔いが合わさって、うっかり「OK]をクリックしてしまいました。
すると、なにやら不審なソフトがいくつか。
かってにパソコン内をスキャンして、危険でもないのに「危険が○個発見されました」と報告するソフトやら、
ブラウザの検索をかってにそのソフト仕様に変えてしまうソフトなどが見つかりました。
しかもそのすべてが簡単にアンインストールできないときています。
一つ一つGoogleで削除方法を検索して、なんとか削除できました。
みなさんもどうぞお気をつけください。

菜の花のきれいな写真とは何の関係もない記事で失礼しました・・・。
スポンサーサイト

泣く子とインフルエンザには勝てぬ

金曜日の午後、体がきついと思いながら勤務を終え、帰宅。夕食後にはさらに体調は悪化してきた。
土曜日の午前中には参加を予定していた大会があったのだが、欠席連絡をして休養することに。それでもまだ日曜日には山行するつもりでいた。
なのに、念のために受診した病院で「インフルエンザですね」の宣告。

というわけで、布団の中でこのコメントを入力している。幸い熱は下がり気分も良くなったのだが、さすがに山行は無理である。雪のどっさり積もった山を歩けると楽しみにしていたのだが、インフルエンザには勝てない。
仕方がない、また次のチャンスに期待することにしよう。

2014-02-01フクジュソウ
春の訪れを予告する福寿草(2014年2月1日撮影)

待っていた寒波がやってきました。
ライブカメラで見ると、標高が高いところでは雪のようです。
明日はまだ天気は回復しないとの予報。
私は土曜日なのでいつもの休日出勤。
日曜日に晴れることを期待しつつ、仕事に励みます(笑)。

森友嵐士「抱きしめていたい」

2014-01-19ガス晴れゆく扇ケ鼻
ガスの晴れゆく扇ケ鼻(2014年1月19日撮影)

今日はのんびりと「1番ソングSHOW」を見ていました。
懐かしのテレビドラマやアイドルが出ていました。
確かに懐かしく感じましたが、それはそれだけのこと。
でも、T-BOLANの森友嵐士が出演、しかも歌ってくれるとあれば話は別。
結局最後まで見てしまいました。「話したくはない」に聞き入りました。

T-BOLANは名曲「離したくはない」などを発表しながら突然解散したバンドです。
解散したのは、ボーカルの森友嵐士が精神的な理由から歌えなくなったためでした。

歌いたいのに歌えない。そんな彼を支えたのは、家族であり、仲間たちでした。
「再び歌いたい」という強い思いでリハビリに励む日々。でも歌えない。
月日が流れ、なんと14年後、森本嵐士は復活したのです。

彼が再びステージに上がれるようになったとき、彼を見守ってきた仲間達が
「サプライズ」を仕組みます。
「見せたいビデオがあるから」と嘘をつき森友を会場に呼び出し、
森友に新曲「抱きしめていたい」を歌わせ、PVを撮影しようというものです。

何も知らずに会場に来た森友。それを知らぬ顔で迎えるファン達。
ファン達の歌声に促されステージに上がり歌い始める森友。
その姿を見て涙ぐむファンたちの表情を見ると、
どれほど森友が愛され、復活を望まれていたかがわかります。

その映像が you tube にあります。
感動!!森友嵐士「抱きしめていたい」サプライズドキュメンタリーPV

美空ひばり「一本の鉛筆」

2014-01-19姿を現した久住山
ガスが晴れ、姿を現した久住山(2014年1月19日撮影)

1月19日の山行を終え、車で自宅に帰ろうとしたときのこと。
ラジオから美空ひばりの「一本の鉛筆」が流れてきました。
(歌っていたのは違う歌手でしたが)
急いで駐車スペースに車を停め、歌に聴き入りました。

この歌をご存じでしょうか。

1974年に開催された第1回広島平和音楽祭に出演するにあたって
美空ひばりのために作られた歌です。その歌詞は…
「一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと私は書く」とあります。

そして1988年、重い病魔に襲われベッドで点滴を打つ日々だった美空ひばりは、
再び広島平和音楽祭で、この「一本の鉛筆」を歌いました。
ステージに立つ直前まで、楽屋に運び込んだベッドで点滴を打っていたそうです。
でも、映像を見る限り、そんな体調だとは全く感じられません。
だからこそ、美空ひばりの平和を願う気持ちがずっしりと伝わってきます。

この1988年の広島平和音楽祭での映像が you tube にアップされています。
ちなみに、このステージが、美空ひばりの「ラストステージ」です…。

美空ひばり 1988年広島平和音楽祭での「一本の鉛筆」(クリックすると you tube が開きます)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。